2006年11月01日

世紀末の女王(マザー)第四話

  会議は波乱含みで再開した。10名の式典スタッフ代表と他のエリアからのオブザーバー
が12名、会議には参加していた。
「 マザーは技術を常に向上、普及させよと言われました。今回、幸いにして好結果を得ました
が、皆様の批判検討をよろしくお願いします 」自信に溢れた三崎の声が響く。

  「 まず、今回の式典の構成者から報告を聞く事にします 」 
チーフの三崎に促され篠崎は立ち上がる。
「 今回の式典の狙いは、バグたちの感情を振り子のように大きく振らせながらピークに導き
ピーク時にCGで宗教的シンボルである天使を現出させて、より深い法悦状態にする事に
ありました。狙いどおりに事は運び、最大の同調と感動を得る事ができ… 」
「 その通り! 」 三重野が声を上げた。
「 筋書きだけで観客が感動する事はないが、篠崎君の構成はともかくすばらしかった。バグ
達の反応がすこぶるよく、私もやり応えがあった。45年にわたる私の人生の中で最も素晴
らしい体験をさせてもらったよ、篠崎君には感謝する 」三重野は丁寧に頭を下げた。

 「 恐縮です 」予想外の三重野の態度に、面食らった篠崎は、思わずチーフに目をやる。
三崎は目立たぬように顔を横に振り、声を出さず口の形だけで「 タ、ヌ、キ 」と伝えて来た。
「 さて、バグ達の感情の振幅を大きくする為に、山田自身の振幅に注意しました。まず、従来
通り、催眠状態でのリハーサルを何度か重ねました。その中で彼の言わんとする事を聞きだ
し、簡潔で強いメッセージにまとめました。そして、彼の実直で男らしい性格を後押しする為、
今回は数種の薬剤を、脳の各部にもちいています。ケルセンを使い人格を固定化し、デーべ
を用い感情の流量を大きくしました。また、固定化と流量の繋がりをよくする為に… 」 
三重野が大きく咳払いをする。
「 ああ、その山田の人格を、三重野先生が絶妙に引き出され… 」
三重野が篠崎の話を奪う。
「 薬剤は使えばいいというものじゃない。人格が強調されるが、強さが一本調子になり、話の
流れに山谷を付けにくくなる。その点、篠崎君の処方は実に見事だった。皆さんもそう思いま
せんか? 」
チーフが苦笑いを浮かべる中でオブザーバーの拍手が響き、女祭司の石田はゆったり頷く。

 「 ありがとうございます。次に、従来よりバグ達は充分に太鼓の音に順応していますが、今回
は、これに光の効果を付け加えました。例えば、かがり火による薄暗さから白色スポットや巨大
スクリーンの強い光への明暗、拍手を静める際のブルーライト等々。また、一瞬にログハウスが
燃え、火柱が立つような工夫。これは大道具の方々の腕のよさに、充分に助けられています 」
「 我々は言われた事は何でもこなす。ただ、それだけだ 」
角ばった顔の男がぶっきらぼうに言い結び、横の大男が辺りを覗いながら肯く。
彼らに丁寧に頭を下げ篠崎は話を続けるが、その時、一尉は机の下の無線で、部下に合図
を送った。
「 充分な被暗示状態のもとにCGによる天使を出しましたが、同時に催涙波動を乗せた超音波
も発射しています。データーで見ると… 」 
ドアが強くノックされ、篠崎は発言をやめ、オブザーバー達のノートに書く音が止まる。
「 会議中、失礼します。山本一尉に急用です 」将校がドアを開けて、用件を告げた。
「 ちょっと、失礼する」山本はかすかに笑いを浮かべ立ち上がると、その将校と部屋の外に出る。
「 予定外だった。評議会議長が来られていて、式典を貶す事が殆どできなかった。山田の孫が
逃げて、いい機会だったのに 」山本は小声で話す。
「 で、どうしますか 」部下は問う。
「 議長も帰られたので、言いたい事をいって、さっさと切り上げて来る 」山本は笑うと部屋に戻る。
 
 「 医療軍から報告させて頂く 」山本はチーフの顔を見ながら言った。
「 常時、医療軍は同調性で5段階に分け、2以下のバグはマークしている。式典の効果は2以下
になると不安定なものになるからだ。今回の山田の孫も1に近い2のランクであった。それから孫
の逃亡は、観客退出の混乱に乗じて行われた。故に次回からは、2以下のバグは事前に逮捕
収容して置きたい、以上。すまんが、これで私は失礼する。逃亡者の対策をしなければならない 」
「 勝手な事を言うな。大事なこの会議を何だと思っているんだ! 遅れて来たと思えば、今度は
中途退座か 」
憤然として顔を赤らめている三重野を冷ややかに見据え、山本は言い放つ。
「 バグは我々に任せて、皆さんはごゆっくりお話しください 」
「 一尉、それはどういう意味だ 」 
「 そのまま、お受け取りを。バグなど軍が最初から抑えていた方が面倒がないのだ 」
「 馬鹿な事を言うな。力で抑えて、バグ達のやる気を引き出せるものか。お前たちの大仰な装備
の一つ一つは、私の一言に及びもつかない 」
三重野の発言に同意して、篠崎は山本を睨む。
「 ふふ、それでは 」
侮りを露わにし、山本は退出しかける。
「 バグ一匹で医療軍さんは、てんてこ舞いです。皆さん、軍の健闘を祈る事にしましょう 」
チーフの三崎の言葉に、思わず振り向いた山本は三崎と睨みあった。



 ■■■ 作者から一言 ■■■
この暗黒世界は日常から、その要素を抽出して組み立てていますが、最近、余り違和感を
覚えなくなっています。作者自身がこの社会に同調し始めているのかもしれません。
次作はこの社会を改めて問い直す話になると思います。
この社会への抗議、悲鳴、呪詛をどれだけ、すくい上げ、物語に収束できるのか
作家性が問われるところです

 ■■■ プロフィール ■■■
気まぐれな双子座、生まじめなA型を持つポスト団塊世代の男性です。
三人娘を持つ父でもあります。
posted by 村松恒平 at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 世紀末の女王(マザー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たくさんキャラが出てくるけど、その説明を必要最低限におさえてますね。どうしてですか?文字制限ってことかな?きっちきちにまとめちゃった印象があるなあ。
Posted by ricecat at 2007年09月19日 20:57
大変、間が開き失礼しました。

一つの目標として2千字で群像劇を書きたい、というものがありました。
小説らしい小説はこれが初めてですので、色々と努力目標があります。
一時的に危うくなりましたが、最後まで書き切るというのが最大の目標ですので、
今後ともよりしく、お願いします。
Posted by magunajio at 2008年01月29日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。