2006年09月07日

彼の岸異聞 (4.病人運び )

満州は広い。いったん町を出ると海原のような原野だ。トラックは海に投げ出された一隻の小船に等しい。

幸太は地図を持たない。却って勘が狂う、と地図があっても見ないでトラックを走らせる。目先の道を探すと迷う。迷えば死ぬ。広大な原野を孤走してまずそう知った。道よりも太陽の向きと地形。方角は記憶と勘、最後は運が頼りだ。

8月の終わり頃、風には秋を感じるが原野はまだ緑に覆われている。澄みわたって高い空に遠山の稜線がくっきりと見える。普通、景色は後ろへ後ろへと流れていくが、その山は半日トラックを走らせても全く姿を変えない。月や太陽と同じで近く見えるが実は彼方にあるのだ。

その広大な土地にぽつんぽつんと日本人移民の村が点在している。入植しているのは若い夫婦たちだが、中には十代の子供ばかりの義勇団もあるという。想像以上に厳しい暮らしに体や心を病んで倒れたり、寂しさに耐え切れずに逃げ出して野垂れ死んだり、痛々しい。内地じゃええことばっかり言うけど、こっちに来りゃそりゃぁいろいろあるらしいで、運転手仲間から聞いた話を思い出しながら幸太は荷を運ぶ。村々から新京に向かうわだち沿いの草むらから鳥が飛び立って、時折警告のように鋭く鳴いた。

ある夕方、土壁の崩れた廃村を通りかかった。手を振る人影が見えてもスピードは緩めない。(めったな所じゃトラックを停めたが最後、匪賊に囲まれて殺されるんよ)地元の運転手から脅かされていたし、もとより荷が重くて道がはかどってない。止まっている場合ではない。けれど幸太はブレーキを踏んだ。崩れた塀のかげから日本語が聞こえたのだ。

「足を止めて申し訳ねぇ」
傾いて尚強烈な晩夏の日を背に人影が五つ近づいてきた。なぜか突然、背中に汗がにじんだ。どこかおかしい。こんな荒れた村に人が住めるもんか。いや、怖気づいてはいかん。動けないでいるうち一番背の高い影が運転席の脇で丁寧にお辞儀をした。

「病人があって困っとるだ」
声は少年のようだ。病院に連れて行く手立てもなく悪くなる一方で途方にくれていた。勝手なお願いだが、病院まで運んではもらえまいか。通りすがりで迷惑をかける。五つの影は大地にしみこむ赤い夕日を背に深々と頭を下げた。

返事をしかねて黙っていた幸太の腹が鳴った。頭をかいて笑うと五人もつられて笑った。腹の力が抜けたような声だ。例の背高が
「ほんとうに申し訳ねぇだ。水も食い物もねぇのずら」
と謝った。そういえば、日が落ちて冷たい風が吹き始めたのに、皆ズボンしかはいてない。やせた腰からずれ落ちそうなズボンは泥で汚れほころびが目立つ。夕食も無いのか。

義勇団くずれ、そんな言葉が浮かぶ。内地では大東亜省が音頭をとって「満州で大地主」と国を挙げての大宣伝。だが実際は軍隊式の厳しい訓練の上にきつい農作業。落伍者もでる。さらに幸太は南山麓の奥さんの暮らしを思い、胸が痛んだ。同じ日本人だというのにこの境遇の落差はどうだ。
「分かった、荷台に乗せんちゃい」

いっそ皆で新京へ行ったらと勧めたが、自分達は行けないと五人は悲しげに口をそろえた。うす暗がりで病人を大豆袋の上に寝かせ、その上に幸太はシートを張り直した。病人は案外明るい声で布団の中から幸太に礼を言った。

幸太は残照の限りトラックを走らせた。アクセルを踏む足に力が入る。誰かが一緒にいると思うだけで心が弾む。こんな気持ちは初めてだった。

トラックを停めた時はすっかり暗くなっていた。シートを外し、手探りで病人の隣に寝転んだ。月のない夜で、広大な暗黒に大小の星が輝いていた。
「夜明け前にはまた走るけん、午前中にゃ町の病院に着くで。」
「夢のようずら。おらはあそこで終えるのだと覚悟を決めたとこだっただ」
「はよう治るとええなぁ」
「うん、治しちゃやく故郷(くに)へ帰りたい。」
幸太は運転席に戻って寝たが、明け方エンジンをかける前に病人にひと声掛けてシートを直した。

早朝、診療所で事情を話すと中年の看護婦が怪訝そうに幸太をにらんだ。
「はて、この辺にそんな村あったかね」
あったも何も、幸太はその村に立ち寄ったのだ。けれど新京に来て日が浅い幸太はろくな説明ができない。とにかく病人がいるのだ。
「ちょっと、あんた!」幸太の返事を待たずに荷台に上った看護婦が怒気を含んで叫んだ。「これ死体でしょうが!」
「なにっ!、死体なもんか。声を掛けたら返事をするし…」
「自分で見てごらん」
幸太が荷台に上がると看護婦が布団をめくった。病人は頭蓋骨の継ぎ目が見えるほど痩せ皮膚はまだらに変色している。目の辺りは黒く窪みハエがびっしりたかっている。ひどい匂いだ。
「こんな仏さん、よう一人で載せたねぇ。」
その骨ばった手に5束の遺髪が見えた。幸太は目を見張ってしゃがみこんだ。看護婦が人を呼び、死体が運ばれていくのを呆然と見送った。

それでも、声を掛けたら返事があった、夜には話もした。確かだ、確かだ。倉庫で会った運転手仲間たちは黙ってうなづいたが、やがて互いに顔を見合わせ、原野の孤独はこの世にないものを人に見せたり聞かせたりするのだとささやきあい苦々しく笑った。



 作者・はなさんの自己紹介とプロフィール
posted by 村松恒平 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の岸異聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

目立つな。汝、風景たれ。:ミッション1 超絶指令!?「裁断屑から『あれ』を探せ!」

会議テーブルの上に高く積まれたごみ袋の山を見て、萬平は絶句した。
「見てのとおり、これはシュレッダー屑なの。飯田博士の新規開発技術“SF3000”についてのメモがこの中にあるはずよ。文献の検索を手伝ってもらったから、分かるわね。特許申請の書類を作るために使った詳細な資料があると思うの。クライアントからの要求も、SF3000に関する情報ならとにかく何でもいいと言っているわ。制限時間は48時間。さあ始めて。」
小柄で華奢な白い手足なために、自称“バンビ”という中村マネージャーに呼ばれて会議室に入ったものの、いきなり作業の指示だった。
「そんな!?メモがあるって言ったって、ごみ袋が1、2、・・・。5個もあるじゃないですか。これを全部つなぎ合わせるんですか?」
「あなた何を聞いているの?メモが見つかればいいのよ。『全部』をつなぎ合わせろ、なんて言ってないわよ。手段は任せる。でも、必要な書類を見つけ出すだすためには、その方が手っ取り早いかもね。」
探偵稼業にあこがれて業界大手のワタナベ警備メンテンス(略称:WKM)に入社して3ヶ月、この道10年のキャリアを持つ同じ歳だが上下関係には厳しい彼女の下でずっとアシスタントをやらされている。
「これを一人でやれ、と。。。」
最大限の抵抗を示すように、呆れたニュアンスが表情に出るように呟いた。
「人員の手配も含めてあなたの仕事よ。どうせ、暇な清掃部隊が夕方になったら戻るでしょ。彼らも動員していいわ。ただし段取りが必要よね。前職の経験が生かせるじゃない?今回はね、フィーは大きいの。がんばってね。あとで橋本さんが来るから聞きながらやってくれる?それじゃ。」
そう言い残すと自称“バンビ”は飛び跳ねるように軽やかな足取りで会議室を出て行った。
「儲けがでかいからあんなに元気なんだ。しかし、メモって言ったって。。。」

なぜ警備とメンテンスの会社が業界大手の探偵社になったのか。それは会社の沿革を知るとよく理解できる。
もともと社長が自ら先頭に立って営業するビル清掃の零細企業だった。しかし、様々な会社の事務所に出入りするうちに大切なノウハウを蓄積した。それはまさに、入社してすぐに全ての社員が叩き込まれる社訓、『目立つな。汝、風景たれ。』ということだ。

一番大切なものを隠すには、普通の人が隠しそうにない場所に置くのが最善だ。仮に機密情報のコピーや盗み出しなどのミッションを実行した場合でも、作業員が運んでいるごみ収集のカートに重要な機密書類を隠し持っているなんて誰が気がつくだろう。
このごみ袋の山だって、スーツ姿の男たちが運んでいれば目立つだろうが、WKMの作業服を着た工作員とゴミ収集車がなんなく運び出したに違いない。

路上で、オフィスで、駅構内で、すれ違った清掃作業員の顔をいつまでも覚えている人はいない。人々が、我々を風景として認識するからこそ、大胆な調査作業ができるのだ。
尾行や張り込みも同様だ。ターゲットにはもちろん、無関係の通行人や近所の住人の印象にすら残ってはいけないのだ。

この本社ビルも全てが関連会社であるが、一見、雑居ビルになっている。スーツ姿でビルに入り、作業着で裏口から出て行く。そんなことが簡単にできる、WKMのアジトなのだ。接客窓口となる探偵社は、直営とフランチャイズ両方の業態でサテライト事務所が全国各地にあるが、探偵業務のコアユニットは清掃会社の一部としてカムフラージュされている。

俺は、テーブルの上にある袋のひとつを開けてみる。空気を吸い込んだごみ袋は急にカサを増した。それとともに紙の粉屑が白い煙のよう舞い上がった。ひとかけらをつまんでみる。重ねて投入したと思われる紙が層をなしている。隣同士だった部分は、意外と近いところにあるようだ。
他の袋をテーブルから下ろしてスペースをつくり、つまみ出したかけらを寄せ集めてみる。

「この辺のかけらはくっつくなあ。なになに、あっ、これはNTTの請求書だな。色がついていたり、紙質が特殊なやつは、意外と簡単なもんだね。ちょっと椅子に座っちゃおう。」

「おーい、元気かあ。ごめんごめん。」
「橋本さん。待ってましたよ!」

「あー、これかぁ。すごい量だな、こりゃ。バンビは何て言ってた?」
「『メモが見つかればいいのよ。手段は任せる。』って。清掃部隊を動員していいって言ってました。」
「懐かしいよ、こんな仕事。昔からごみ漁りは良くある仕事なんだけど、シュレッダーが普及してからは大変なんだよ。最近は中国の会社に下請けに出してるけどな。彼らは人海戦術が得意だから。でも今回は急ぎだろ?とりあえず、道具の調達、作業場所の確保、進行表の作成、動員計画、これを分担して取り掛かろう。萬平君は、道具を調達してきてくれない?4階の倉庫にあるはずだから。」
「道具?そんなものがあるんですか?」
「マニュアルがあるんだけどなあ。段取りが大事だよ。バンビは言ってなかった?意地悪な奴だな。そこにあるだろうに。」そう言うと、百科事典や六法ばかりのキャビネットを指差した。



 作者・チャンさんの自己紹介とプロフィール
posted by 村松恒平 at 02:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 目立つな。汝、風景たれ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

妄想だけは電車の中ですくすく育つ <駆込み乗車>

 電車のドアの端、座席とドアの交差するところを私は「角部屋」と呼んで座れない場合はそこに立つことにしている、ところが発車ベルが鳴ってから目の前に駆け込む人が多くてとても気になる。ギリギリで飛び込むサラリーマン、ドアにはさまれるおばさん、指先だけ差し入れてグイグイ力まかせにこじ開ける若者・・・。
 入った後には必ず「駆け込み乗車は大変危険ですのでお止めください」とアナウンスがあるのだが、たいていはあたりをきょろきょろして自分ではないと言うようなそぶりをする。その鉄面皮な様子を見るたびに私はムラムラと怒りがわいてきて、なんとかしなくてはいけないと考えるのだった。
 そしていろいろ考えた末に、ドアの両側に鋭利な刃物を取り付けるというアイデアが沸いて来た。そうすれば駆け込み乗車は命がけになって「駆け込み防止」は徹底されるに違いない。

 その場合に困ることは、なんと言っても、(多少の血しぶきは我慢できたとしても)切り離された頭がごろごろ車両の中を転がってゆっくり眠むることができないことである。ジュースの空缶が転がる音だって嫌なのだから、目をむき出した頭が車両の中を動いていては全然落ち着けないと思うのである。
 そう考えると、それを避けるため方策としてドアの下部に猫が出入りするような小さな戸をつけて、近くの人が蹴飛ばして車外へ出すのが良いアイデアだと思う。
 駆け込み乗車の時間帯にはたいてい誰か立っているのでその人がポーンと蹴りだすのである。ホームにも頭と右上半身を切り取られた残りがぴくぴく蠕動しながら残っているので、それはホームにいる人が線路に蹴り出す事で解決する。ただそうすると線路の中には結構な量の肉片が投げ込まれることになるので、線路の端にはそういった汚物が流れてゆく水路が必要になるだろう。

 いや、待てよ。これだけの施設を充実させたとしても、どろどろの血がべっとりワイシャツに付いて洗濯しても取れなかったり、夏場に嫌な匂いが充満するとなると、ドアに刃物をつけることへの賛同はなかなか得られないかもしれない。
 その解決にもかなり悩んだのだが、血 そのものの性質を変える必要がありそうだ。つまり今の我々の血とは違って、消毒用アルコールみたいに揮発性が高くて、体や服にかかってもあまり影響のない代物にするのだ。これだったら、吹き出す血が服にかかったとしてもさほど気にならないだろう。いやほんのりシトラスの香りなどがするようにすると、むしろ人気が出るのではないだろうか。

 と、ここまで考えてきたら大切なことが抜けていることに気づいた。それは死んだ人を思う気持ちの問題だ。我々でも、おそらく3人に2人までは身内の人間が亡くなったら大きく悲しむに違いない。そんな人たちが大挙して駅のホームに押しかけてきてワンワン泣いてたりすると、これはこれでちょっと五月蝿くてやりきれない。下手をすると今までせっかく考えてきたことが無駄になりかねない事態だ。
 うーんどうしたものだろう、解決策をいろいろ考えてみたのだが、これが難しい。お腹いっぱいご飯を食べても思いつかず、結局のところ我々と考え方が違うとする他ないようだ。
 我々は普通”死”を大きな変節点としてとらえている。死んだ人にも生きていた頃と同じような思いを持ち続けて絶対に戻ってこないと判っていても、もう一度こちらの世界に戻ってきて欲しいと願うことが多い。(亡くなった人によっては絶対戻ってきて欲しくないと願う事もあるが・・・)つまり、未練があるのである。
 ここからが大切なのだが、彼らの考えは違うのだ。未練など一切ない。生きている時は、仲良く付き合うのだが、亡くなってしまうとその瞬間に相手を忘れてしまうのだ、まさにきれいさっぱりと忘れてしまうのである。さっきまで仲良く話合っていた相手が、目の前で事故など起こして死んでしまうと「ああ、死んじゃったんだ」とそれだけで終わりになってしまうのである。
 今の基準では”冷たい”と思うかもしれないが、そうでなければ噺は進まないのだから仕方ない。そういう風に考える彼らの宗派が何かは判らないけれど、生きている間だけを大切にする思想と言うことははっきりしている。有限の世界に生まれたからにはその関係も有限なのだ、と彼らの祖先の偉い人が言ったに違いない

 さあ、これで準備は整った。 まったく違う価値観をもった社会が我々の前に開かれたのだ。
 電車のドアには、ムラマサの妖刀が、ばっちりと取り付けられ、開閉のたびにカチャカチャと金属質の乾いた音を響かせながら、我々を待ち構えている。
 つづく



 作者・なら よつねさんの自己紹介とプロフィール

2006年09月30日

世紀末の女王(マザー)第三話

 回廊を駆け抜けた十頭立ての乗合馬車は、教会本庁前に止まった。御者の制止声
が大きく響く。この地下国では産業以外の動力はCO2対策を兼ねて動物が使われ、 
燃料の殆どは食料、資源産出と居住地拡大に充てられていた。篠崎 快は小刻みに
動いている馬車から慣れた様子で降りると、この国で最大の門孔の前に立った。
黒々とした大門には教えをモチーフにした天使やマザーの姿などが重厚に刻まれて 
いる。篠崎は彫刻の一つのバグ(虫化人間)を横目で睨みながら通り過ぎると、孔
のゴツゴツした壁面を掌で擦りながら足を進めた。この地下社会では巨岩には親し
みを感じ、親のような安心感を持つ者も多かった。
 今来た回廊の壁面には太陽灯がともされ、羊歯の緑が映えて開かれた感じがした
が、門孔内には数多くのランプが灯り、厳粛な雰囲気が漂っていた。篠崎にはそれ
が少し圧迫感をもたらした。彼は一つのドアを開けた。薄暗い通路を歩いて会議室
に入ると、皆の強い視線が篠崎に集まり、思わず頭を下げる。
「評議会議長がいらっしゃる事になったのよ。それなのにまだ一人来ていないの」
日頃は強気のチーフディレクターの三崎真由美も動揺を隠せないでいる。評議会は
この国の最高機関であり、その議長はマザーの補佐役としては随一の権力を持って
いた。
 「やあ、突然押しかけてきたよ」
登場すると、男は権力者には似合わぬ気さくさで挨拶した。
後に控えたもう一人の男は、無表情に室内の者たちを見渡す。
「これは、これは、議長様にはようこそいらっしゃいました。また、書記官様にも
来て頂きまして…」
「まあ、挨拶は抜きにして、早速、始めよう」 
腕時計を指差しながらの議長の言葉に、チーフは開会を告げ、議長にお言葉を仰いだ。
本来は今回の式典の総括を行う会議であったが、議長の来会により、微妙に変質した。
「今回の式典は素晴らしいものであった。マザーも放映をご覧に成られ、大層お喜
びになられた。ところで、式典の構成をした人間はどなたかな?」 
議長の言葉に周囲の視線が篠崎に集まる。慌てて篠崎は立ち上がり、議長に挨拶する。
議長は篠崎をしばし凝視すると、大きな賛辞を送る。そして、言葉に添えられた議長
の笑顔は、打ち解けにくい篠崎の心を穏やかに緩めた。
 その時、ドアが開き、大柄の軍服姿の男が現れた。チーフが早速、駆けつけ、男に
事情を話す。
「医療軍の山本一尉であります。トラブルが起きまして…誠に失礼しました」
男は頭を下げた。
議長は頷くと言葉を続けた。
「次に先の評議会での概要を伝えよう。岸川君、手短に頼む」 
議長の指示を受け、 書記官は立ち上がる。
「マザーの統治を受けているエリアは現在32箇所あるが、総人口で100万人を突破し
た。地球環境大崩壊後衰退を重ねているかつての大国群の統治人口をついに凌駕した。
既に宇宙ロケットの入手数で世界一になっている我々は、火星問題を解決すれば爆発
的な人口増加それもバグを除く人本来の増加が期待でき、やがてはマザーの統治は、
人類全体に及ぶであろう」 
書記は議長の顔をうかがい、席に座った。
 「現状の支配状況は順調である。諸君らは一層の努力に勤め、虫化人間たちが生涯
産出額を増やすよう、動機付けを果たして貰いたい。その意味で今回の式典チームは、
素晴らしい結果を出した。マザーは喜ばれ、私がそのお気持ちを伝えに来た。
人類再興に、マザーは使命感を持たれ、日々御心を砕かれていらっしゃる。君達の事
も細やかに案じていられる。マザーの恩を一日でも忘れてはならんぞ。」
「ところでトラブルとは何だったのかね」
一尉がすかさず立ち上がった。
「かねてより警戒していた一名が逃亡しました。その者は山田郁夫の孫ですが、昨年か
ら要警戒数値を突破しておりました。今回の式典の効果は残念ながら彼には及びません
でしたが、式典の価値を貶めるものではないと思えます。軍は既に追跡を始めています
ので、近々、身柄を確保します」
「うむ、残念な事ではあるが、これにめげず君達には頑張ってもらいたい。すまんが
我々は、これで退席する。これでも議長は中々忙しくてな」
議長らの退出を全員が立ち、見送った。議長は去り際に篠崎へ笑顔を向けてくれた。
 「いやはや、さすがは議長! 中々の貫禄ですな、さすがの私も緊張しましたよ」
祭司が早速、まくしたてた。篠崎はこの男には馴染めないものを感じている。
「ところで将校さん、山田の孫ってえのはどんな奴なの」 
「まあ、子孫が多ければ、中には出来損ないもいるのだろう。背後関係は今の所ないと
判断できる」
一尉は無造作に会話を打ち切ると椅子に座り会議資料に目を通した。祭司風情とおしゃ
べりを続ける気はないらしい。
「僕は三重野だよ、なんて態度だ、失敬な奴め」  
「まあ、まあ、三重野先生、お座り下さい。」  
鼻白んだ祭司をなだめながら、チーフは会議の再開を告げた。



 作者・マグナジオさんの自己紹介とプロフィール
posted by 村松恒平 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 世紀末の女王(マザー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。